英会話上達のコツ~AlwaysからNeverまで~頻度をあらわす副詞

ビジネス英会話

英語では副詞で表せることが結構あります。今日は頻度をあらわす主要な副詞表現をご紹介します。

 

時々はSometimes。よくはoften。でもそればかり使っているなあ、と感じられたら、ボキャブラリーを増やすチャンスです。

今日は頻度を表す副詞を、頻度の高い方からご紹介します。

とくに、最後の4つは、平叙文でありながら、ない、と訳します。説明もしておきますが、注意してください。

 

I Always love you.  いつも 100%

 

ご存知のAlways。

She is always ready to take on heavy responsibilities.

彼女はいつでも重い責任を引き受ける用意がある(準備ができている)。

よく使われます。オールウェイズといいたいところですが、実際の発音はオールウィーズに近くなります。

 

Almost always ほとんどいつも 90%

 

日本語にすると不自然ではあるのですが、十中八九、九分九厘というところでしょう。100%でないにしても、それに限りなく近いニュアンスです。

 

Usually たいていは 80%

 

Alwaysが常に、だとしたら、少し軽めに”いつも”、という感じがUsuallyです。8割がたと考えていいでしょう。

We usually go to restaurant on Sundays.

私たちは日曜日はたいてい外食する(レストランに行く)。

 

Generally 一般的に、おおむね 80%

 

We generally speak English in class.

わたしたちは授業中は(たいてい)英語を話します。

常時ではないけれど、基本英語を話す。普通英語を話す。一応、日本語を話すときもある、という感じですね。

 

Regularly  80%

 

ちゃんと、しっかりと、定期的にというニュアンスです。

I communicate with him regularly by letter.

彼とは手紙で連絡をとっている。

 

 

Normally  ふつうは、たいていは 80%

 

I don’t normally take my holiday in midsummer.

夏季休暇は真夏にはとらないことにしている。

この場合、たいていはとらない。とらないことがノーマル、というニュアンスですね。

 

Frequently, Very often しばしば、頻繁に 70%

Frequentlyは短期間に頻繁な場合によく使います。

しょっちゅう。Oftenよりもやや堅苦しい言い方です。。

Often よく、しばしば 60%

 

They often went caroling at Christmas.

かれらはクリスマスはよくキャロルを歌いにいった。

 

Sometimes ときどき 50%

 

時々〇〇する、という意味ですが、するときもある、と訳してもいいでしょう。

Sometimes, I just need someone to talk to.

わたしも話かける人が欲しい時がある。

 

Occasionally 時たま 40%

 

Occasionally Alice would look up from her books.

アリスは時おり本から顔を上げたものだった。

 

Rarely めったにない 20% 肯定形でも、ない、と訳します

 

ここからは、NOの確率のほうが高まります。よって、Notやnoが入る否定形ではないのに、めったに○○しない、と訳します。

Rareは文字通り、レアです。

I rarely wear glasses.

わたしはめったに眼鏡をかけない。

直訳すれば、わたしは稀にめがねをかける、になります。

めったに○○ない、という方が自然になります。

 

単なる副詞なので、三単現なら動詞にSがつきます。ここからNeverまで、そのような平叙文で書きます。日本語では、(めったにをつけて)否定形、で訳してください。

Andy rarely wears glasses.

アンディはめったに眼鏡をかけない。

 

Seldom めったにしない 20%

 

Opportunity seldom knocks twice.

チャンスは二回ノックをすることはめったにない。幸運の女神に後ろ髪はない。

1回目のチャンスを逃したくないですね。

三単現のSがちゃんとついている平叙文なことに注意してください。

 

Hardly ever, Scarcely ever, almost never  めったにしない 10%

 

He hardly ever calls his father.

彼が父親に電話することはめったにない。

Hardly everを覚えて使えれば十分ですが、Scarcely ever, almost neverも頭に入れておくとリスニングで便利です。

やはり、三単現のSがつく肯定文になっています。

 

Never けっしてない 0%

 

これはもう絶対しない、ありえない、という強い否定になります。

She never smokes.

彼女は(絶対に)タバコを吸わない。

 

さいごに

 

気づけば17通りもご紹介してしまいました。めったにしない、などがさらっと肯定文で使えるとスマートですね。

あとはいろいろなドラマを見たり、文章を読んだりして、実際どんな場面で使われているか注意を払ってみてください。

 

あわせて読みたい

 

英会話上達のコツ~あなたは日本の代表です!~ビジネスで英語を話すマインドセットと注意点
ビジネスで英語を話すうえで、ノウハウよりも大事なのがマインドセットです。主語動詞で話すパラダイム、日本を代表するエフィカシー、数字に気を配る、の3つをご紹介しています。

 

体験したい方はこちらへどうぞ

 

ワークショップ
英会話上達のコツをお伝えする講座、ワークショップと、生活の質を高めるアレクサンダーテクニークワークショップのページです。日英の発声の違いから、発音にアプローチし、伝わる英語とリスニングの向上を目指します。自分の使い方を整える思考で人生の質を高めるコツを体験しませんか?

 

 

読者さまコメント

タイトルとURLをコピーしました