Con-, Com-のOの発音Part1 ConversationとConversでは違うの?

ビジネス英会話

 

ご存知Conversationという形容詞

 

最初のconのOはConferenceのOと同様、口の奥を開ける発音をします。

 

Compositionの最初のO

 

これもそうです。

 

では、Compose, compserはどうでしょう?

作曲する、作文するという動詞と作曲家の最初のOは、口を開けない発音、あいまい母音です。

 

そんなことあり得るのか? と驚かれるのも無理はありません。

実は、英単語では圧倒的にComputerのようにあいまい母音で読むCom, conが多いのですが、今日はこのような、発音が紛らわしい単語をまとめてご紹介します。

 

右側は意味です。アクセントなど特に注意することも記載しています。

なお、英国と米国で主流となるアクセントが異なる単語については、米国式を優先して掲載しています。

 

Conversation

 

conversation会話
conservation保存
conference会議 頭にアクセント
composition作曲
colleague同僚 頭にアクセント
continuity連続性
condominiumコンドミニアム

 

あたまのOにアクセントが付く Common

 

commonよくある、共通の
complex複合体、 superiority complex (優越感)
congress会議
context文脈、前後関係
contact接する、接触
contract契約する、契約
conflict葛藤

 

二つのConcrete

 

concrete具体的な あとにアクセント
concreteコンクリート、コンクリートの 先にアクセント
consummate最高の、完成させる、
construct作図する(幾何学用語) 先にアクセント
possible可能な

 

実は、Constructには、同じ語で、発音が異なる別の用法があります。むしろ主流といえる、建設するという単語です。

Conservationは、Conservative, conserveという派生語をもちます。あとの二つは実は発音が異なるのです。

 

複雑なComplex

 

Complexは複合体、コンビナートのような意味があり、優越感、劣等感といった熟語にも使われます。inferiority complex 劣等感。

そして、同じComplexで、複雑なを意味する形容詞になります。形容詞のほうは発音が異なります。

Complexityという名詞もあり、やはり発音が異なります。

Composeのような単語がやはりいくつかあるわけですね。

 

Possibleは?

 

Possibleはやはり紛らわしいと思いましたので、加えておきました。HotのOの発音です。

 

追加 Compromise,Comprehend

 

compromise妥協する。妥協。
comprehend把握する。理解する。
comprehension理解。把握。
comprehensive包括的な。

 

こちらの単語も口を開けるCoなので追加しておきます。

続編

 

CompleteのようにOを軽く発音する英単語の記事です。

あわせて読みたい

 

読者さまコメント

タイトルとURLをコピーしました