ビジネス英会話上達のコツ~会議を円滑にする英語表現~Part2

ビジネス

社内、社外の打ち合わせ、ミーティングの英語

 

ひきつづき、英語で行われる会議を、スムーズに進行するのに便利な表現をご紹介します。

 

はっきりと意見を示したい

 

強く意見を表明する表現です。

下に行くほど強くなります。

I strongly believe that the budget is too small.

この予算では少なすぎると思います。

✩これははっきり言うパターンです。

✩通常は

I’m afraid the budget is too small.

予算が少なすぎると思うんですけど……。

と、少しクッション言葉を使うようにしてください。

I’m positive that the sales will increase with that strategy.

この戦略なら売上は上がると思います。

I’m convinced that the new distribution system will work efficiently.

新しい流通システムは効率的に機能すると思います。

I have no doubt whatsoever that we can go with that plan.

このプランで行けると思います。

疑いなく思える場合です。

There’s no question that our products have advantage over competitiors’.

我社の製品は競合に対し有利なことに間違いないです。

 

普通の言い方

 

I think that this product will be widely accepted.

この商品は広く受け入れられると思います。

I believe that this product represents our core value.

この商品は我社の方針を表すものだと思います。

I feel that the sales is picking up.

売上は上がってくると思います。

From my point of view, this strategy is a little drastic.

私の考えではこの戦略は少し過激だと思います。

In my experience, these measures often undermine morale of emploees.

私の経験では、このような手段は社員の士気を削ぐことが多いです。

I’d say that that concludes our discussion.

それでこの話し合いの結論は出たと思います。

 

言いにくいことをいうよ、というHonest

 

枕詞のように使える表現です。

 

率直な意見をお聞きになりたいなら

If you want my honest opinion, I think that

率直にいわせていただくと、

To be honest,

このように、前置きにHonestを使うと、耳が痛いこと、ネガティブなことをいいますよ、と角がたたないようにあらかじめ予防線を張ることができます。

英語ははっきり物を言う、たしかにそうですが、それでも意見のぶつけあうのは人間なので、電報のように本文だけ言うのは避けましょう。

このようなクッション言葉で和らげる配慮があると、できる人だ、という印象がアップしますね。

 

弱めな意見表明

 

このように思いますが、という、ちょっと婉曲的な、ソフトな英語です。

 

It seems to me that 私にはこう見える

It’s possible that これもありうる

I tend to think that こういう気がする

My initial reaction is まずこう思いました

最後の表現は、まだ深く考えたわけではありませんが、というときに使います。

 

強い同意を示す

 

このように参加者に意見を出してもらったら、それに対し、賛同、または反対の意思を表明します。

I completely agree.

完全に同意します。

I couldn’t agree more.

これ以上同意できない。完全に同意、と同じです。

You’re absolutely right.

まさにそのとおりです。

 

普通の同意

 

Exactly!

そうです。そのとおり。会話でとても良く使います。

That’s just how I see it.

私も同じ見方です。

I’m with John on this.

これについてはジョンと同意見です。

 

一部同意する

 

Well, it depends.

うーん、場合によります。

I agree with you up to a point, but

あるところまでは賛成ですが、

途中までは賛成ですが全部に同意できない場合。

I agree with you in principle, but

原則では賛成ですが、

まあ後半は反対ですね。

このように、賛成する面もありますが、反対です、などのソフトな言い方は、英語でも円滑なコミュニケーションには必要です。

ぜひ一つは覚えて実際に使っていきましょう。

 

おわりに

 

ここまでは意見の表明は賛成の表現でした。

不同意を示すには英語でも強さに応じて表現があります。

また、いろいろ気を使った表現があります。

次回はそれをご紹介します。

 

あわせて読みたい

ビジネス英会話上達のコツ~会議を円滑にする英語表現~Part1
会議で本題と本題をつなぐビジネス英会話 英語で打ち合わせをする場合、内容については質問したり、答えたり、発言したりすることは、ご自分の業務ですから比較的やりやすいと思います。 その発言と発言のあいだをどうつないで、スムー...
ビジネス英会話上達のコツ~会議を円滑にする英語表現~Part3
会議を円滑に進める英語表現は、そのまま円滑なコミュニケーションに役立つ英会話テクニックです。反対意見をいう際も、クッション言葉を使うことで、丁寧な表現にすることができます。メールでも会話でも、ビジネスで通用するレベルの英語をおさえておけば、安心です。
ビジネス英会話上達のコツ~会議を円滑にする英会話表現~Part4
ビジネス英語ではときに言いにくいことをいう必要があります。相手の発言をさえぎったり、強い提案をすることもあります。脱線から本題に引き戻したり、次の議題に移りたい時の言い方、閉会の言葉など、円滑なコミュニケーションに役立つ英会話表現をご紹介します。

 

読者さまコメント

タイトルとURLをコピーしました