英会話知ってるつもり、では危険です! How about~?と What about~?、使いわけ、徹底解説!

ビジネス英会話

あなたはどうですか、というときの、How about you?、 よく使いますね。そういえば、What about you? も聞くけれど、この二つって同じだと考えていいの? という疑問にお答えします。

実はHow aboutと What about、使いわけを間違えたらいけないんです。知っていましたか?

How about ~?

 

How about  の意味は大きくわけて二つあります。

提案、アドバイス、意見

 

How about a short trip to Vancouver? バンクーバーへの小旅行はどう?

How about going to the park? 公園に行くのはどう?

可能性を開く

 

How about applying for an internship? インターンシップに応募するのは?

 

名詞または動名詞をあとに続けて、提案をすることができます。

あそこに行くのはどう? という日常会話だけでなく、3番目のように可能性を提示するのにも使えます。

これに対しあなたはどう感じますか? というニュアンスなので、便利に使えます。

 

What about?

 

What about は、全くニュアンスが変わってきます。使用には注意が必要です。

 

反対、問題の可能性の示唆

 

Let’s go to the movie tonight.

What about my research paper? I haven’t finished it yet!

 

今夜映画に行こうよ。

わたしのレポートはどうなるの? 終わってないんですけど!

 

このように、相手の発言に対し、反対の意見があることを示します。

〇〇はどうするの? というのがぴったりですね。

難色を示す表現なので、How about の代わりに使うことはできません。

 

唯一使えるYOU?

 

How about you? What about you?

でも安心してください。唯一、you?を続ける場合は、まったく同様に二つを使うことができます。

I am freezing. I want to close the window. How about you?

すごく寒いわ。窓を閉めたいけど、あなたはどう?

I think the plan will work. What about you?

そのプランで行けると思うけど、あなたはどう?

 

How about you? の発音

 

発音ですが、About you でTとYouが接していますから、リエゾンでchの音になり、

ハウアバウチューが近い発音になります。

 

まとめ

 

Youを続けるならどちらもOK。

How about は提案、可能性。

What aboutは、反対したい時、難色を示す表現。

さいごに

 

これですっきりしましたね。

さっそく今度英語を話すときに使ってみてください。

特に、あれはどうするのよ、と相手の発言に待ったをかけたいとき、What about …?の出番です。

あわせて読みたい

 

英語を流暢に話すために知るべき5つの要因

 

そのYESちょっと待ったー! 否定文に同意したいならNoで答えよ。NoとNotの正しい用法、全解説

 

日本人のリスニングは流暢な発音から。ウィークポイントにピンポイントな発音ワークショップ

 

読者さまコメント

タイトルとURLをコピーしました