会話で便利なHow come?、Whyとはどう違う? 英会話のコツ 

英語

どうして? How comeは、どんな時に使うかご存知ですか?

どうして、なぜを聞くとき、Whyを使った疑問文を用いますが、How comeもよく聞きます。

実はこの二つ、微妙に違いがあります。

カジュアル度が違いますから、場合によってはHow comeは適切ではありません。

RayとNaomiの会話で、例を見てみましょう。

 

ビジネスのシチュエーション

 

Ray
Ray

I expected you at the meeting.

Why didn’t you show up?

Naomi
Naomi

I’m sorry. I had a very bad cold.

会議に出てくれると思っていたのに、どうして来なかったのかい?

すみません。ひどいかぜをひいていましたので。

これはごく普通のWhyの使い方で、理由を知りたいときに使います。

 

もちろん、軽い会話でもどうして? と言いたいときにも使えます。

 

個人的に近しい二人の会話

 

Ray
Ray

I called you last night.

How come you didn’t pick the phone?

Naomi
Naomi

Oh, you did? Sorry, I was at my parents’ place then.

夕べ電話したのにどうして出なかったの?
そうだったの? ごめん、両親のところに行ってたの。

この、どうしては、どうしても理由を言いなさい、というものではありません。

なんでいなかったの? と軽く言いたい感じです。

How comeの文法

 

お気づきかと思いますが、Whyの場合は普通の疑問文の語順になっています。

How come のあとは、平叙文になります。

False: How come didn’t you pick the phone?

これは間違いです。

Correct: How come you didn’t pick the phone?

こちらが正解です。

倒置して疑問文にしなくていいので、How comeは私たちに優しいですね。

 

TPOにご注意!

 

ただし、How comeは、あくまでカジュアルな語調なので、フォーマルなライティングや、学校のレポートなどには使いません。友人と近しい人と会話するときに使うものと覚えておきましょう。

 

おわりに

 

そういえば、How comeのような英会話表現は、わたしも学生時代にアメリカ人の教授たちから、これは君たちは(レポートや作文に)使ってはいけない、と厳しく、口を酸っぱくして言われていた英語の一つです。

今は話すときに遠慮なく使えるのでいいのですが。

また機会があったら、禁じられていた(?)カジュアルな英語をご紹介していきますね。

 

 

読者さまコメント

タイトルとURLをコピーしました