お持ちですか?にI have one.と答えるわけ。英会話ミステイクPart4

ビジネス英会話

間違いやすい英語フレーズをご紹介します。

 

Incorrect= 誤りである、Correct =正しい、という形容詞です。

並列のAndは最後だけ

 

二つのものを並べるならandでつなげばいいですが、3つ以上の場合は、最後だけandにします。あとはカンマのみです。

Incorrect: May approached me and held my hand, say, “Hello !”
Correct: May approached me, held my hand, and said, “Hello !”

メイは近づいてきて私の手を取り、こういった。”やあ!”

 

難しいとわかる=find it 形容詞

 

彼女は子どもたちの興味を保つのは難しいと思った。

Incorrect: She found difficult to sustain the children’s interest.
Correct: She found it difficult tosustain the children’s interest.

She found that it was difficult to sustain…..

と同じ意味です。

Find it easy to …..

などいろいろ応用できますから、正確におぼえてください。

 

あやまちをおかすはmake a mistake

 

Incorrect: I would have made a big fault only you advised.
Correct: I would have made a big mistake only you advised.

あなたの助言がなければ大きなミスを犯すところでした。

 

よくなるはget better

 

Incorrect: He goes better every day.
Correct: He gets better every day.

彼は日に日によくなっている。

 

○リスニング ×ヒアリング

 

Incorrect: I’ve passed the hearing test with a high score.
Correct: I’ve passed a listening test with a high score.

わたしは高得点でリスニングテストに合格した。

A hearing は公聴会という名詞になります。

 

自然な明るさ Light

 

Incorrect: It was still bright outside.
Correct: It was still light outside.

外はまだ明るい。

brightは、自然な明るさを超えた、輝くようなまぶしさです。

 

サラダは作る?料理する?

 

Incorrect: Who cooked this salad?
Correct: Who made this salad?

このサラダはだれが作ったの?

 

私とは違って Unlike me

 

Incorrect: Different from me, she is proficient in Chinese.
Correct: Unlike me, she is proficient in Chinese.

私と違って彼女は中国語が堪能だ。

 

人 が主語でDifficult to doのとき

 

Incorrect: Little children are difficult to understand that.
Correct: It is difficult for children to understand that.

小さい子どもがそれを理解するのは難しい。

人がDifficultといってしまうと、気難しいということになります。

 

芝生に入らないで

 

Incorrect: Don’t step in the grass.
Correct: Keep off the grass.

KEEP OUTは立ち入り禁止の標識などでありますね。

 

月に二度給料をもらう

 

Incorrect: I get my salary twice a month.
Correct: I get paid twice a month.

Get paidは、お金をもらう、給料や支払いを受ける、意味です。

 

何か飲みますか?

 

Incorrect: Would you like to drink?
Correct: Would you like something to drink?

上のほうでは、飲む? になります。

なにか飲み物はいりますか?

こう尋ねたい場合、

下のように、something to drink を使ってください。

Would you have some tea? これはOKです。

豚に何を期待する?

 

Incorrect: What do you expect in a pig but a grunt?
Correct: What do you expect from a pig but a grunt?

生き物、人になにかを期待する場合、fromを使います。

動詞を期待する場合は、

We expect a pig to grunt.

となります。

意味:豚にはブーブーとなくことを期待する。

grunt は豚がブーブーと鳴く以外に、不平、ぶつぶつ、の意味もあります。

 

忘れ物をしたらleave

 

Incorrect: I forget my hat in the house.
Correct: I left my hat in the house.

家に帽子を忘れた。

何かをし忘れる、また、記憶を忘れるのはforgetですが、

物を置いてくるときはLeave,leftを使います。

 

すっかり忘れていて持ってこなかったのなら、I forgot. ですね。

 

かぜをひくはCatch

 

Incorrect: Be careful or you’ll have a cold.
Correct: Be careful or you’ll catch a cold.

気を付けないと風邪をひきますよ。

I have a cold. は、かぜをひいています。

ひいている状態を示します。

 

先週かぜをひいた。

I caught a cold last week.

 

先週からかぜをひいています。

I’ve had a cold since last week.

 

(今)かぜをひいています。

I have a cold.

 

本社は東京にあります

 

Incorrect: The head office is in Tokyo.
Correct: The main office is in Tokyo.

Headを使うなら、The headquarters is in Tokyo. となります。

 

Sがつく複数形ですが単数で受けます。

またしても例外的な英単語が出てきましたよ。

 

意味:本社は東京にあります。

本署、本局などにも使います。

ちなみにアニメなどでは、新選組の屯所もthe headquartersと訳されますね。

ご存知のように、GHQとはThe General Headquarters の略です。

 

できない、否定の並列にはOR

 

Incorrect: He cannot read and write.
Correct: He cannot read or write.

彼は読むことも書くこともできない。

 

Howかthe wayはどちらかで

 

Incorrect: This is the way how I made it.
Correct: This is how I made it.

こうやって作りました。

Also correct: This is how to make it.

 

ご紹介しますね May I~!

 

Incorrect: I introduce Mr. Smith to you!
Correct: May I introduce Mr. Smith to you!

スミス氏をご紹介しますね。

 

鉛筆お持ちですか? あります。

 

Incorrect: Do you have any pencil? Yes, I have it.
Correct: Do you have a pencil? Yes, I have one.

Itはその鉛筆、になります。

鉛筆お持ちですか? に対して、ありますよ、ですから、

Oneを使います。

 

ジーンズは jeans

 

Incorrect: She is wearing blue jeans pants.
Correct: She is wearing blue jeans.

彼女はジーパンをはいている。(ブルージーンズ)

 

さいごに

 

細かいと思われるかもしれませんが、その違いに気づけるのが英語の感覚というものです。

正しいほうを何度も声に出して読んでくださいね。

 

あわせて読みたい

 

A good newsは間違い? 英会話でよくあるミステイクPart1
Theを付けるとき、つけないとき。時刻は数字だけでいい場合、など、英語にはいろんな決まりがあります。学校やベッドにTheをつけなくてよいのは、特定のものではなく象徴的なそれを指すからです。ほかにも間違いやすい英文法を正しい例と和訳とともにご紹介します。
謎のbutに出会ったら、除くの前置詞! よくある英会話ミステイクPart2
英語は例文ごと覚えたほうがいいといいます。単語の意味を日本語に対応させて覚えただけでは不十分なわけは、基本的な英単語はニュアンスが多彩なことが多く、文全体で、これはあの用途だな、と感じ取る能力が必要だからです。今日はそんな間違いやすい英会話のフレーズをご紹介します。
英会話ミステイクPart3 dinner, captainに冠詞がいらないわけ
繰り返すようですが、英語は文の中で覚えていきましょう。 部分的な知識では正しい形のフレーズを使いこなせません。 今日はジェネリックな名詞、ということで、theやaなど冠詞なしで使う名詞もたくさんご紹介します。 では...

 

 

読者さまコメント

タイトルとURLをコピーしました