そのYESちょっと待ったー! 否定文に同意したいならNoで答えよ。NoとNotの正しい用法、全解説します!

ビジネス英会話

よくないですね。と聞かれて、はい、と言いたい時

ちょっと待って! まさかYesなんて答えていないですよね?

 

英語カテゴリーの最初の投稿でも触れましたが、相手が否定文で話したことについて、そうそう! と言いたくて、Yes,yes. と言ってしまう、かつ、うなずいてしまう人が多くて、わたしは内心あららら~、と思っているんです、と書きました。

正解は No. です。

Yesといってしまったら、否定形で話した内容とは裏腹に、そんなことない、と逆のコメントをしたことになるのです。

今日は、そんな大切なNoの用法を、これまた会話に必須なNotとともにご紹介していきます。

 

NO

 

Yes/No questionに答える

 

Are you a student?

No, I am not. I’m a teacher.

 

否定文に対する同意

 

She is not coming, right? 彼女は来ない、よね?

No.  ああ。(こない。)

これです! これ。

日本語なら、

来ないよね? に対し、

ああ、で、君の言うように来ない、と同意したことになります。

ですが、英語ではステートメント(表明、言明)が否定なら、同意の場合、否定で答えます。

She is not coming. のNotがあるからです。

 

名詞の前に冠詞なしでつける

 

I have no time to waste. わたしには無駄にする時間はない。

There is no general rule without exceptions. 例外のない規則などない。

 

断り、否定の感嘆詞

 

Do you need any help?

No. I’m okay. Thank you.

 

動名詞の前につけ禁止にもなる

 

No smoking.

 

Not

 

形容詞や副詞を否定する

 

How are you, son?

Not too bad. How’s yourself?

 

冠詞の付いた名詞の前に使う

 

I’m not the person.  私じゃないよ。

 

動詞を否定する

 

He does not want to study.

That motorbike is not very fast.  あのバイクはあまり速くない。

動詞と使って、短いアンサーに

 

Will she be there?

I hope not.

 

Are you all right?

I’m afraid not.

Any much many, enough の前で使う

 

Not many people showed up.

 

おわりに

 

いかがでしたか?

 

No,Notを適切に使えると、いかにも英語的な表現になる、と私個人は考えます。

Notは否定文に使うことは、みなさんもよくご存じと思います。

 

Noについては、このようにまとめて学ぶことがあったようななかったような。

わたしもそんな気がしますので、皆さんもぜひこの機会に網羅しておいてください。

 

I have no time~のような文を覚えておくと、冠詞を付けるかどうか迷ったときに役立ちます。

 

あわせて読みたい

 

英会話で滑らかに話せない5つの要因

 

読者さまコメント