それいっちゃだめ! 英語にも礼儀あり~失礼にならない、丁寧な表現で英会話上達をはかる

ビジネス英会話

通じるからこそ気をつけたい! 良識ある大人が丁寧な英語フレーズを使うべき8つの場面

 

英語が話せるようになったら、それは素晴らしいのですが、通じるからこそ、あまりにも直球では、ぶっきらぼうで粗暴な印象を与えたり、失礼になったりします。

日本語だって、なになにをくれだの、送れだの、お前のアイディアはだめだ、とストレートには言いませんよね。

 

日本の人はネイティブに対して、愛想はいいのですが、まず言葉使いをふさわしいものにするほうが肝要です。

英語は音声の言語、ですからなおのこと。

相手に配慮した、しかるべき英会話の言い方があります。

ちょっとしたコツを押さえるだけなので、この機会にぜひ使えるよう、覚えてください。

 

食事の注文、カウンターにて

 

〇〇をください。〇〇をいただきます。

注文する時、ドリンクを何にするかをスタッフに伝える際には、I want は言わないでください。

✗  I want a BLT sandwich.

○  I’ll have a BLT sandwich.

○  I’d like a BLT sandwich.

○   I’ll have that and that. メニューを指差しながら。

This ではなく、that であることに注意してください。これ、と言ってしまったら、メニューの写真のことになってしまいます。

写真が示す、本物のフードを注文するわけですから、that になるのです。

 

レポートを送れ、とはいわないよね?

 

同様に気をつけていただきたいのが、命令形です。

✗ Send me the report.

○ Could you send me the report tomorrow?

○ Could you send me the estimate by Friday?

Could you 動詞は、 誰に対しても使える丁寧な依頼の表現です。

わたしたちが使うには、誰に対してもまず間違いがない、失礼にならないフレーズです。

 

× Will you はかなりぞんざいな依頼、ほぼ命令のニュアンスとなりますから、避けたほうがいいでしょう。

 

アメリカ系の企業などでは、Can you でも構わない、Could youでは他人行儀だ、と感じる人もいます。向こうがCan youを使ってくるなら、その相手にはこちらも使えばいいと思います。

毎日顔を合わせているような仲でない限り、Could youを使うほうが無難です。

仕事の場であれば、わたしはCould youがまず口から出ています。

 

命令形は軍隊式

 

動詞の原形を頭に持ってくる命令文は、軍隊の命令、飛行機やスペースシャトルのフライトの指示など、簡潔で明瞭なことが優先する場で使われるものです。電報の文章もそうです。

 

Please動詞も命令なので、避ける

 

Please send the report.

 

これも、命令形にプリーズをつけただけなので、やってくれよ、ということになります。

このPlease、実はやってよね、というダメ押しにもなるので、Could youを使うことをお勧めします。

 

ちょっとあとにしてくれるかな?

 

声をかけられたが、今はちょっと手が離せない、待ってほしい。

こういうちょっとしたお断りをするときも、配慮したいものです。

Noと言ってよい、断ってよいのです。それでもあくまで言い方は気をつける。これがビジネス英会話です。

英語は、はっきりいえばいいんでしょ、と勘違いしている人がいますが、押し売りや犯罪まがいの輩を断るのとは違います。

✗ Go away. Leave me alone. うせろ。ほっといてくれ。

○ Could you give me a minute? ちょっと待ってもらっていいですか?

○ Sorry, I’m a bit busy right now. ごめん、いま手が離せないんだ。

○ Can we talk a little later? 後で話してもいいですか?

 

逆に、あなたが時間を作ってくれたことに、ほんとにいいの? と向こうが心配してくれたら、

That can wait. あれはあとでもいいから。

と言ってあげられたらベストです。

 

都合を尋ねる時

 

いつならいいですか? これを聞くのも、ご都合いかがですか、とたずねたいところです。

いつがいいか教えろ、とは言いませんよね。同じことです。

 

✗ Tell me when you’re available.

○ Let me know when you’re available.

これもOK When are you available?

 

異を唱えるとき

 

会議の英会話表現の記事でも、いろいろな言い方をご紹介しました。

それはちょっと違うと思うけどな、といえばいいところ、お前は間違っている! と言われたら、だれでも嫌ですよね。英会話でもそれは一緒なのです。

 

✗ You’re wrong.

○ I think you might be mistaken.

勘違いされているのかもしれません。

○ Actually, it’s B, not A. AではなくBです。

○ I’m afraid I disagree. 賛成しかねます。

間違っている、という代わりに、勘違いされているのでは? とか、本当はこうなんです、ということで、相手の間違いを直接指摘しないようにします。

 

それはやめたほうがいい

 

やはり、相手の提案がまずい時も、角が立たない異様、うまく異を唱えましょう。

✗ That’s a bad idea.

○ I’m not sure that’s a good idea.

それはどうかなあ。

○    I have a few concerns.

ちょっと気になりますね。

 

仕上がりに不満なとき

 

やはり、単刀直入に、君の企画書はまずい、といってはいけません。気を悪くしてやる気をなくしてしまうでしょう。

 

✗  Your work isn’t good.

○ I’m not quite satisfied with this work.

満足しているわけではないんだ。

○ To be honest, this needs some improvement.

正直にいうと、もう少しよくする必要がある。

 

一文目、This work としていて、your workでないところが、配慮になっています。

本人の尊厳と成果物は別物だと、頭ではわかっていても、自分の作ったものを批判されることは誰でもいい気はしません。

まずい、という代わりに、改善できる、というところがいいですね。

 

提案の内容が気に入らない時

 

気に入らない、変えてほしい。

確かにそれは伝えねばなりません。そういうときこそ、角が立たない大人な英会話表現を使いましょう。

 

✗ I don’t like the colors in this design.

○    I’m not too fond of the colors in this design. この色はあまり好みではありません。

○ I’d prefer to use different colors in this design. 別の色を使うほうが好きです。

○ I’d rather use different colors.

私だったら他の色を使うかな。

 

I would のような表現は、仮定の助動詞なので、わたしだったら、こうしますね。

(If I were you, ) I would use different colors.

という婉曲な伝え方になります。

I wouldも、会話をdiplomaticに(そつなく) 進めたいときに使える言い方なので、覚えてください。

 

おわりに

いかがでしたか? ちょっとしたフレーズを入れるだけで、英語も丁寧語になります。上級者なら必ず使ってほしい表現です。

乗れ!

乗ってください。

のあいだには、1億光年のへだたりがありますよね。

それと一緒です。

まず、〇〇くださいレベルの丁寧語を使いましょう。それができたら、○○していただけますか?系のフレーズを使っていきましょう。

 

あわせてよみたい

 

新春から差がつく!英会話上達スペシャルワークショップ

発音できれば聴き取れる! 今こそ解明、4月はリエゾン5つの法則攻略編。5月の新企画は子音Tの発音をハックします。英会話上達のコツスペシャルワークショップ
リエゾン編では、音をつなげるリエゾンを、5つの法則で徹底攻略します。子音Tの発音の秘訣攻略編では、日本人の苦手な子音の発音の種類を詳しく実例とともにご紹介します。BASICでは、英語的な発声があれば発音も格段に上達することから、根本からレッスンします。喉からうろこで発音できれば、リスニングもできるようになります。本当の...

読者さまコメント

タイトルとURLをコピーしました