ワンランクアップどころか別物に! 発音できるものが聴きとれる~スピーキングだけでなくリスニングに効く~英会話・発音レッスン詳細

ビジネス英会話

発音レッスン一覧

 

英語の発音が日本人丸出しで自己嫌悪。

国内では通じているが、外国ではどうだろう?

もっとすらすら英語っぽく話したい!

聞き返されると落ち込む。

大きな声が出ない。

英語を音読していると、疲れてしまう。

息が続かない。

日本語も人前で話すのが苦痛。

 

そんなお悩みのある方に、最適なレッスン!

 

当サイト管理人が提供しております発音レッスンには、リエゾンや子音のテーマごとのレッスンがあります。今日は、一覧と、それらが共通してどうお役に立つか、ご紹介していきますね。

☆オンライン個人レッスン

☆ワークショップ(随時開催)

 

英会話上達・発音スペシャルワークショップ・BASIC編

 

そもそも日本語とは、体の使い方から違うのが英語です。

そこを知らないと、練習してもいまいち英語に脱皮できません。

それから、言えるものが聴きとれる。それが英会話、語学というものです。

リスニングが伸び悩む方は、ご自分の発音が上達すると、英語が違ったものとして耳に入ってきます。実際には耳はかわらず、音声を処理する脳の精度があがるのですが。

 

最初におすすめのクラスです。

 

英語特有の発声からアプローチ。

人体のイラストを使い、呼吸についてや、声を響かせる場所などもレッスンします。

 

基礎となるすべての母音と主要な子音をレッスンします。

 

教材に使う単語はベーシックなものばかりなので、英語から遠ざかっていた方も問題ありません。

 

英会話上達・発音スペシャルワークショップ・リエゾン編

 

日本人の鬼門ともいえるリエゾン。

そして、マスターできれば英語の発音がすごくナチュラルになれる。それがリエゾンです。

 

主要なリエゾン5種類を中心に、体系的にレッスンします。

 

やたら音をつなげればいいものでもありません。

連結によって省略する発音もまたあるのです。

母音の連続では、音を増やすものも出てきます。

例:How are you?  ハウアーユーではなく、ハウワーユーというのはなぜか?

どうしてネイティブのスピードの日常会話(内容が簡単な会話)はリスニングの難易度が高くなるのか?

その原因と対策にもアプローチします。

 

子音Tの発音をハックするスペシャルワークショップ

 

実は子音のT、その単語の中の配置によって発音は変わります。

 

北米の英語において、Tの発音は大きく分けて5タイプ8種類

 

よりナチュラルな発音を極めたい方に。

リスニングでなぜか聴きとれなくなる個所のある方に。

言語的な好奇心のある方にもおすすめです。

 

弱形・縮約形

 

リエゾンの一部とも言えますが、リエゾンの内容が多いので、弱形は別にもうけました。

 

実は日本人がネイティブとの英会話で苦労するのが、多用される縮約形の聞き取りです。

 

I will をI’llというので、原理は簡単なのですが、高速で、文頭にそれを言われるところが、リスニングに慣れを要する原因です。

 

また、見えない鬼門が弱形というものです。

これはkind of をカインダというように、音そのものが別のものになったり、極度に省略されてしまうことです。

困ったことに、H reductionといって、よく使うHis, her, has, have などのHがとれて発音が変わってしまうのです。

ほかにも、of, on, in, and などが弱形となります。

主要な単語がそうなので、弱形をしらないと、それらが一瞬のうちに聞き取れないまま、会話が流れてしまうのです。

難しい発音と同じくらい、弱形も一通り身に着けて、なるべく練習しておくことをお勧めしています。

 

リズム・イントネーション

 

英語は日本語とはまったく違います。

単語をなす音節からして違うのですから、続けて文として読む時もまた違います。

 

リズム、シラブル、アクセント、そして文としてのイントネーション。

 

これら音楽的な要素も、意識的に練習していかないと身に付きません。

生徒さんの英語の読み方について、的確にアドバイスいたします。

 

滑らかに話すための5法則

上記のレッスンの要素を、集中的に網羅するワークショップです。

発声・発音 母音と子音のメカニズム 例:すばやいTH
Weak Forms・弱形と Hの省略
リエゾン(Connected speech)
シラブルのとらえ方
英語特有のリズム

 

レッスンの詳細、お申し込みはこちらをご覧ください。

 

読者さまコメント

タイトルとURLをコピーしました