脱食わず嫌い! 私立文系出身講師と読む科学英語①~秋季新企画!

ビジネス英会話

最初はわたしも苦手でした!

 

私大文系出身者の悲哀

 

輸入車ディーラーそして、半導体材料業界と、かかわってきた私は、何を隠そう、実は私立文系出身です。

 

エンジニアの人の話や、詳しいお客様の話に最初はついていけませんでした。

 

 

それが、インテルに納入する製品のスペックや品質テストなどについて、技術的な打ち合わせを通訳したり、日本側担当者として工場とのEメールのやりとりや電話会議をするまでになりました。今でいうスカイプですが、当時はビデオ会議と言いました。

 

日本を代表する半導体メーカーに、納入仕様書の日本語版を作成して納入もしました。

 

どういうことかといいますと、英語を学ぶ、英語で学ぶうちに、いろんな原理がわかってきたのです。

 

今では初めて聞く話題でもある程度こういうことだろう、と察しがつくようになりました。

 

そうなれた秘訣は?

 

一口に言って、大原則の理解と、好奇心です。

あとは雑学!

なんでも吸収しようとする貪欲さ!

知れば知るほど、いろんなことがリンクしてきて、理解が深まるのです。

 

科学の世界は今ものすごく進歩しています。

 

せっかく英語を学ぶのですから、文系だから、理系でも遠ざかっているから、などと言わずに、新しい分野に目を向けてみませんか?

科学英語は、シンプルで美しく書かれていて、英語学習にもってこいの教材なのです。

 

文系講師と読む科学英語 秋季講座①

終了しました。

10月22日 火曜日・祝日(即位の礼)

18:10-19:50  入場18時以降。

@新宿西口、西新宿。

定員 6名

テーマ:言語の本能 (予定)

赤ちゃんが歩こうとするように、言葉を話すことは、遺伝子に組み込まれた本能なのでしょうか? 認知科学者スティーブン・ピンカーの本から、英文を学びます。

 

テキストはご用意します。

お持ちいただくもの 筆記具、お水、好奇心。

 

お申し込み

初めての方

 

☆動作不良、受信エラーなどの場合は、お手数ですが、

kaorilavender8@gmail.com へご連絡ください。

 

再受講の方

 

メール、ツイッターDM、FBメッセージでも承ります。日程を明記してください。

 

キャンセルポリシー

 

事前にお支払いいただいた受講料のキャンセル料は、次の通りです。

当日キャンセル、無断キャンセルの場合  100%

前日、2日前キャンセル 75%

3日前キャンセル 50%

Stripeを通して返金いたしますが、処理が間に合わない場合は、手数料(500円)を差し引いて返金させていただきます。

 

返金分を次の講座に充当される場合

キャンセル料を差し引いた返金分を受領したものとみなし、通常料金との差額を当日お支払いただきます。

 

英語ワークショップ 今後の予定

 

11月23日 ㈯ 可算・不可算名詞

18:10 @新宿

 

2020年の開講予定

 

1月13日 月・祝

2月11日 火・祝

2月24日 月・振休

3月20日 金・祝

内容は後日発表いたします。

 

 

読者さまコメント

タイトルとURLをコピーしました