英会話の表現力を上げる! 同義語でボキャビルPart1

ビジネス英会話

いつも同じ単語を使ってる? もっとボキャブラリーを増やして使いたい!

 

いつも同じ単語ばかり使っている気がする。

ボキャブラリーを増やしたい。

わかる単語を増やしたい。

 

英会話をある程度できるようになった人なら、願うことですよね。

英単語記憶術のひとつとして、一つの概念の引き出しに、いくつも単語を放り込んでいくイメージで単語を覚えていく方法があります。

英語のボキャブラリーをどうのように構築されているかは人それぞれでしょう。

それでも、同義語といって、同じ意味をもつ別の単語を積極的に覚えていくことで、語彙を増やし、表現力を上げることができるようになります。

一つの意味にひとつの単語、ではなく、複数の単語を知ることで、よりふさわしいニュアンスの単語はどれか、ということに興味を持たれることになるでしょう。

動詞、形容詞など、品詞を問わず、たくさんありますので、少しづつ紹介していきます。

 

Abandon, Forsake

 

Abandoning children has been a serious issue for a long time.

児童遺棄は長い間、深刻な問題になっている。

The man never forsook his wife.

その男は妻をけっして見捨てはしなかった。

 

Forsakeは、不規則動詞です。

Fosakeー fosook- foresaken

Abandonの名詞形は、Abandonmentです。

 

Able, Capable

 

Are you able to register a car?

車の登録をすることはできますか?

You are capable of better work than this.

あなたならもっといい仕事ができるでしょう。

 

Accomplish, achieve

 

We counted how many tasks we accomplished that day.

その日にいくつのタスクを完遂できたか数えた。

They could not achieve the sales target.

彼らは売上目標を達成できなかった。

どちらも、-mentをつければ名詞形になります。

 

Accurate, Presice

 

You need to use an accurate device to measure the weight of small particles.

小さい粒子の重さを測定するには正確な機器を使う必要がある。

I have to look at my diary to be more precise.

正確には日記を見てみないとわからない。

 

Active, Athletic

 

She’s over 70 but is still very active.

彼女は70歳を超えているがとても元気だ(活動的だ)。

He can play any sports, he’s naturally athletic.

彼はうまれつき運動神経がよく、スポーツ万能だ。

 

運動選手、体を動かす人をアスリートと呼ぶことも定着しました。an athleteの形容詞がathleticです。

 

Admit, confess

 

I have to admit that you won.

君の勝ちだと認めざるを得ない。

I confess that I had Guinness Beer.

実をいうとギネスビールを飲んだんだ。

 

Confessionは、教会でする告解、告白のことをいいますね。

Admitは受け入れるという意味です。

病院に受け入れられる、つまり入院するときや、入学を認められる場合にも使います。

He was immediately admitted to the hospital.

彼はすぐに病院に収容された。入院した。

She was admitted to the University of Kyoto.

彼女は京都大学に入学した。

 

Agree, consent

 

I agree with you.

あなたに同意します。

I rarely consent to do interviews.

わたしはめったに取材を受けない。

 

Aim, goal, purpose

 

Our aim is to increase sales in Asia.

アジアでの売上を増やすことが狙いである。

Our goal as parents is to help our kids become independent.

親としてのゴールは子どもを自立するように育てることだ。

The purpose of the book is to provide a new perspective of the matter.

その本の目的は、新しい見方を提供することである。

 

Alike, same

 

My brother and I are alike in many ways.

兄と私はいろいろな点でそっくりだ。

He came to this town on the same day as me.

彼は私と同じ日にこの街に来た。

 

All, every

 

They played baseball all day.

彼らは一日中野球をした。

We enjoyed every minute of the movie.

私たちは映画を寸分残らず堪能した。

Allはすべて、といういみもありますが、day、nightのような、ある程度長い時間を示す単語につけると、~を通して、という意味にもなります。

Everyのあとは必ず単数形になります。

Everybodyを単数で受けるのも同様です。

 

Allow, permit

 

The evil  stepmother wouldn’t allow her to go to the ball.

邪悪な継母は彼女を舞踏会に行かせようとはしなかった。

She was not permitted to go to the party.

彼女は夜会に行くことを許されなかった。

 

Amiable, Friendly

 

His sisters seemed very amiable.

彼の妹たちはとても感じがよかった。

They were very friendly to us.

彼らは私たちにとても好意的だった。

Friendlyも、amiableも、親切なことをしてくれる、というより、愛想がいい、感じがいいという、雰囲気を示す形容詞です。

 

Amount, quantity

 

He paid the full amount of the expense.

彼が経費の全額を支払った。

The authority found a quantity of ammunition in the apartment.

当局はアパートから大量の弾薬を発見した。

 

おわりに

 

まだAで始まる単語の途中です。たくさんありますので、数回に分けてご紹介します。

聞いたことがある、見たことがある、という単語も、この機会に正確に覚えて、発信のときに自信を持って使えるようにしていきましょう。

 

あわせて読みたい

 

ボキャブラリーを増やしてもっと伝わる英会話! 同義語道場Part2
同義語と言っても、まったく同じ意味合いの言葉ばかりではありません。ニュアンスが微妙に違うものも多いので、ぜひ例文の中でそのイメージを掴んでいってください。
日本人が英語を話せない最大の理由 英会話力アップに欠かせないのは○○だ!
日本人の英語が通じにくい理由はある根本的な問題でした。英語特有のそれがあれば、スピーキングもリスニングもぐんとやりやすくなります。あなたがビジネスで、プライベートで、もっと英語を話すのが楽しくなる、そんな秘訣をお伝えします。

 

 

 

読者さまコメント

タイトルとURLをコピーしました