どういたしまして!You’re welcome.のほかにもあります英会話表現

ビジネス英会話

Thank you. ありがとうといわれたら

 

Thank you. といわれたら、You’re welcome.で返しますよね。

今日はそろそろ別の言い方のどういたしましても使いこなしたい方に、便利な英会話表現をご紹介します。

 

基本のYou’re welcome. をもう一息丁寧に

 

You’re quite welcome.

You’re very welcome.

You’re truly welcome.

 

まんま、言わないで

 

Don’t mention it.  いいよ。

mentionは、言及するですから、礼にはおよばないよ。サンキューなんていわないで。

これはカジュアルですから、目上の人やビジネスシーンでは使いません。

発音は、ダメチュニ、くらいぼそっと言えばOKです。

 

心配ご無用。問題なし!

 

No worries.

No problem.

これもカジュアルなので友人や家族に使います。

いいよいいよ。全然。いいって。

 

軽いSure

 

Sure.  ああ。いいよ。くらいの軽さです。

または、Sure, anytime. いいよ、いつでも。お安い御用。

あとに何かつけるぐらいでちょうどいいかも。

なにかを頼まれたときなんかも、Sure. で答えればいいので、便利ですね。

 

喜んで?!

 

実はこのカテゴリーの表現は、フォーマルに使えるのでおすすめです。

It was my pleasure.

It’s my pleasure.

With pleasure.

Happy to help.

まさに喜んで。情けは人の為ならず。いいことをするのは結局自分のため、ですから。

 

結論

 

You’re welcome.系と、It was my pleasure.系が、フォーマルにも使えて万能、なのでこっちからマスターしましょう。

Sure. No problem. Don’t mention it. 系はカジュアルに使えるので、フォーマルを覚えてからでいいと思います。

 

こちらもおすすめです。

 

発音の要は日本語とは違う母音! 発声からアプローチするユニークな講座です。

英語を声に出すのが楽しくなる英会話上達ワークショップ  残席あります。

発音できれば聴き取れる!BASIC編(残席1)と、発音の秘訣リエゾン5つの法則を攻略するリエゾン編が始動します!英会話上達をめざすあなたへ
リエゾン編では、音をつなげるリエゾンを、5つの法則で徹底攻略します。BASICでは、英語的な発声があれば発音も格段に上達することから、根本からレッスンします。喉からうろこで発音できれば、リスニングもできるようになります。本当の英会話上達の糸口をつかみたい方、ぜひご参加ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

読者さまコメント