日本人が英語を話せない最大の理由 英会話力アップに欠かせないのは○○だ!

ビジネス英会話

 

日本人の英語が通じにくい根本的な理由

 

学生時代から、どうして日本人が英語を話すのが難しのか考えてきました。カセットやCDでいくら発音を練習しても英会話が上達しない人をたくさん見てきました。

また、英語を話せたとしても、リスニングが苦手だという人もたくさん見てきました。

話してはいるけれど

 

発音で内心悩んでいる人、多いのではないでしょうか。

何年も英語を学んでもうまく話せない理由が、やっとわかりました。

英会話はできるけれど、発音に今一つ自信がない方、もっと上達して堂々と話したい方、どうかご安心のうえお読みください。

 

こんなお悩みありませんか?

 

せっかく正しく英会話を練習して話したはずなのに、聞き返されてショックだった。
音読を練習して文法もあっているはずなのに、通じるのに苦労した。
話す声に自信がない。
もっと堂々と話したい。
英会話をすらすら聞き取れる人がうらやましい。
英会話を上達したい。
お仕事でもっと英語を使いたい。
……

 

日本で育ったわたしたちにとって、英語の発音を通じさせるのが難しい理由その1

 

それは、ネイティブスピーカーと日本人とでは、そもそも声の響かせ方が異なるからです。

 

発声からして違うのです。

 

コミュニケーションのしかたも、英語では日本語のときとはまったく違います。

言語、発声、発音が違うだけではなく、そもそもスタイルが違う、それが英会話なのです。

発声やスタイルに注意を払わず、フレーズをスラスラ言えばいいと思って丸暗記しても、発音を練習しても、日本語発”声”の音を聞き慣れないネイティブからけげんな顔をされてしまうかもしれません。ペーパードライバーならぬ、ペーパーイングリッシュとでもいいましょうか。

日本では、外国の人も日本人の話し方に慣れていて、こちらを理解してくれます。英会話の先生も、こちらの言おうとすることを汲んでくれようとします。それがお仕事ですから。

つまり、優しいのです!

 

スクールで通じても、現地ではもっと通じない理由

 

相手は、あなたの先生ではない普通の人です。

英会話に適した発声ではないので、彼らにとって日本人の発音は、声が通りにくく届きにくい、つまり聞きとりにくいものになりがちなのです。

この人、英語みたいだけれど、なにいっているのかな?
状態になって不思議はありません。

自分の英会話が通じないことにショックをうけて、自信を失って、あせってよけい声が小さくなって通じづらくなる。そんな悪循環は辛いものです。

勉強したのに通じないのであれば、発声から英語に適したものに変えることで、伝わりやすい発音が可能になっていきます。声の出し方が英語に適しているから、それで英語を発すると、身体的にもしっくりきます。そういえばその通り、ですね。

 

話せても聞き取れない! リスニングできない理由

 

こちらが言うことはなんとか伝わったが、今度は相手の英語が聞けない!

これが次なる問題です。

自分の出している声と同じ物を聞き取れば、それを、自分が知っている英語として、わたしたちは認識できます。これがリスニングです。

発音できなければ聞き取れない、と言われる通りです。

では、その自分の発声からして日本式だったらどうでしょう?

 

言語上の理由 日本語は50音のパラダイム用

 

わたしたちの日本語用の声は、あくまで50音のパラダイムに適したもので、それで話す自分の英語を聞いているため、ネイティブの話す音声との違いが大きくなります。

そのために、こちらが聞き取れるものはおのずと50音のパラダイムという限界ができてしまうのです。

 

イギリス英語とアメリカ英語、どっちを習えばいいの?

 

ちなみに、英会話では、イギリス式とアメリカ式、どちらがいいですか?という質問もありますが、わたしなら、どちらでもいいとお答えします。

大事なのはどちらのアクセントにしろ、英会話に適した発声をし、英会話的コミュニケーションスタイルを意識して実践することなのです。

アメリカ
イングランド
アイルランド
インド
オーストラリア
カナダ
スコットランド
ウェールズ
Etc.

ネイティブの先生や教授、海外拠点の同僚、来日時に通訳したクライアント、教わったティーチャーなど、わたしが学生時代から現在にいたるまでに英語を介して関わった人たちの出身地です。

もちろんそれ以外の欧州の人も会いました。
欧米のほか、香港、シンガポールも訪れました。

 

英語向けの○○があれば、アクセントの変更は意外と簡単

 

いずれの場合でも、こちらのアクセントを相手のものに合わせる必要はありませんでした。合わせていた時期もありましたが、個人の好みみたいなものです。

ちなみに、英会話的コーディネーションでの発声、発音がすでにあれば、アクセントの変更は比較的容易です。

 

英会話向け発声さえあれば通じます!

 

わたしの経験からいえることは、対面でも電話でもスカイプでも、英会話向けの発声を実践していれば、伝わるということです。

 

ほかにもある大きな理由 発声、発音だけではない?

 

ネイティブにとってペラペラ、流暢の意味は、早口ではありません。いかに英会話的コーディネーションを持ち続けるかです。

英会話的コーディネーションとは、身体でいうなら発声、発音であり、アイコンタクト、ボディランゲージ、対話のスタイルです。

思考で言えば、主語動詞で組み立て、肯定か否定を先に示し、結論が頭にくる英語構文の思考です。

 

やりとりのスタイルとは

 

一人が延々と(私たちからみれば)センテンスを話し、相手も遮らず、話し手が終わってから話し始めます。いわば、私達から見ると一人語りっぽいことを、交互にやっていきます。

オープンクエスチョンを投げかけ、聞かれた方は、それについて一言でなくセンテンスで答えていきます。

 

英会話のレッスンで、質問攻めにされるのはなぜ?

 

Why? と質問をいっぱいされて、面食らったことはありませんか?面倒だなあ、察してよ、というわけにはいきません。

今は答えられない、とか、あとで話します、なり、説明できないならその理由をひとこと伝えればいいのです。そう、そこでも、答えません、という意見を表明するのです。

 

日本語はハイコンテキスト、英語はローコンテキスト

 

日本人は行間を読む、空気を読む。それは日本語が、すべてを語らず、すきまを推測する言語だからです。ハイコンテキストといいます。文脈重視ですね。

対して、英語はローコンテキスト。言葉にされたものがほぼすべてです。もちろん人間同士ですから、推測もしますが、日本人なら言わずもがな、のことも、言葉にして当然なのです。

 

日本語は表意文字、英語は表音文字

 

日本語は漢字を用います。字を見れば、音にしなくても意味のイメージが浮かびます。

英語は表音文字です。音声にして初めて、意味を成すという違いがあります。

そういう言語と習慣の違いも頭に入れておく必要があります。

 

英会話のコーディネーション、コミュニケーションスタイルとは

 

相手に発言する時間を与え、長く(わたしたちからみれば)話させる。相手が終わり、ボールがこちらに来たら、こちらも話す。

映画などでも、敵が最後まで話を聞いてくれますよね。ああいう感じです。黙っている相手は会話に参加していないようで、聞いているのです。相手が黙っていると不安かもしれませんが、堂々と最後まで自分の間(ま)をとって話しましょう。

英会話では日本語よりもっと、個対個の色合いが強くなります。それが普通ですので恥ずかしがらないで!

 

ああ、それをやらないで!

 

そして日本人に多い、というかよくない間違いが、NOのうなずきです。

NOですね、ときかれ、NOですと言いたい場面で、はいはい、といったり、ウンウンと、首を”縦に”振っていませんか?

首を縦にふる。
英語では、これはYESのジェスチャーです。

ご質問ありますか?
ありませんか?
NOですか?

答えがNO、
つまり質問がなければ、
相手の文が否定文でも疑問文でも肯定文でも、

いずれも首を横に振ることです。
または NOと声に出しましょう。

いかにも、
ノーで〜す
という声を表情にだして。

 

ほかにも、あらら~と思うパターン

 

互い納得した会話のあと、
Yes, yes と連発したり、うなずきまくる人がいますが、
日本人のふるまいに慣れていない英語スピーカーは混乱します。

否定文にそうそうとうなずくのは、自分の中で済ませましょう。

 

意思表明大歓迎!

 

それから、首を振ること、NOと表明するのは
別に悪いことではありません。

意思表示当たり前!
異論上等!
質問大歓迎!

それが英語のコミュニケーションです。

質問があれば
ためらわずにYes.というか、手を挙げましょう。
通訳者がいる場ならハイ、でもOKです。

YesかNoで答えるクエスチョンがきたら、テニスで打ち返すようにレスポンスする。それが、英会話スタイルです。

 

おわりに

何もかも、日本語とは違うからうまく話せなかった

 

英語を話す人たちはまず発声が違います。だから発音が根本から違うのです。
そして思考、組み立て、スタイルが違います。

それを使わなければ、勉強したとおりに、日本語発声のまま英語を口から出しても、しっくりこないのです。

いいかえれば、わたしたちが英会話が苦手だったのは、それを知らなかったからです。

それは教育されてこなかったことでした。うまくできなかったとしても、しかたないことです。

堂々と、伝わる英語の発声で、自分の言いたいことを話してみたいと思いませんか?

 

英語が話しやすくなる発声のコツと発音を体験するチャンス

 

次回ワークショップはこちらでお知らせしています。

ワークショップ
英会話上達のコツをお伝えする講座、ワークショップと、生活の質を高めるアレクサンダーテクニークワークショップのページです。日英の発声の違いから、発音にアプローチし、伝わる英語とリスニングの向上を目指します。自分の使い方を整える思考で人生の質を高めるコツを体験しませんか?

 

 

読者さまコメント